各種予防

フィラリアとは

photo

フィラリア予防

フィラリア症は、フィラリアに感染した蚊に刺されることから始まる病気です。
蚊は血を吸う際に、ミクロフィラリアと呼ばれる顕微鏡でしか見えない大きさのフィラリアの幼虫を吐き出します。
そうして犬・猫の体に浸入したミクロフィラリアは、1~2ヶ月はそのまま皮下組織で寄生していますが、
その後は血流にのって
心臓に寄生し、成長します。
成虫の形はそうめんに似ていて、寿命は5~6年です。

犬の場合、病気の初期は無症状ですが、

進行するにつれ血液の流れが悪くなり、運動を嫌がり、咳がでてきます。

末期になると痩せて、お腹に水が溜り膨らみます。

咳はひどくなり、運動もできなくなり死んでしまいます。

最近はボウフラの発生場所が少なくなり、
フィラリア予防の重要性が知られることにより、犬の感染率は減ってきていますが、
それでも当院では、毎年のようにフィラリア症の診断や駆虫を数頭行っています。
また最近では猫のフィラリア症が増えてきているそうです。
症状は慢性の呼吸器症状や突然死で、診断も治療も大変難しいので、

予防が大切になります。外に遊びに行く猫ちゃんには、フィラリア予防薬の投与を薦めています。

レボリューションは、1回の投与で1ヶ月間、ノミ・ミミダニ・フィラリア・猫回虫を予防してくれます。

犬のフィラリア症を予防するには、まずシーズンの初めに血液検査を行い、感染の有無を確かめます。

その後、月に一回ワンちゃんの体重に合わせたお薬を投薬していただきます。

血液検査をするのは、フィラリアに感染している
ワンちゃんに予防薬を飲ませると、フィラリアは毒素を放出するからです。

それを吸収したワンちゃんがショックを起こしてしまう恐れがあるからです。

当院では蚊の発生1ヶ月以内から(5~6月)、
蚊が出なくなって1ヶ月以内(11月~12月)の期間を予防することをお勧めしています。

フィラリア予防薬は、既に皮下組織に滞在している幼虫を殺すお薬です。

予防薬の投与後に、新たに蚊に刺されて侵入してきた幼虫に関しては、
予防はされません。きちんとフィラリア予防をするためには最後まで予防を続けることが大切です。

当院ではフィラリア予防薬に、錠剤、クッキータイプ、スポットタイプがあります。

ワンちゃんの性格や、生活環境に合わせて選択してあげてください。